長寿を願って古来より愛された ロクジョウ(鹿茸)

2012/11/04 15:03:02

テーマ:動物性の高貴薬

長寿を願って古来より愛された
ロクジョウ(鹿茸)

◎人生を燃え立たせるエネルギー〈鹿茸〉

 人間は、両親から生命エネルギーを授かって生まれてきます。これが、元来の“生命力”。そして東洋医学では“生命力”は、腎の中で燃えていると考え、「命門の火」と名付けています。
 この「命門の火」を燃やし続ける燃料となるのが、ロクジョウ(鹿茸)です。そして「霊鹿参(レイロクサン)」は、大変貴重な鹿茸が含有されているお薬です。

杜の都の漢方薬局 運龍堂のブログ

◎人間の”バイタリティ”を補うーそれが〈鹿茸〉

東洋医学では「腎」を単に腎臓とは見なさず、内分泌系、生殖器系、免疫系などを含めた生命の源と考え、精力とも一体のものとしてとらえます。 心身両面の”バイタリティ”と考えると近いといえます。人間の一生とは、この「腎」の盛衰に他なりません。気力・筋力・性的能力などは、30歳前後の ピークに向かって上り詰め、後は徐々に衰えていくのです。加齢とともに訪れる「腎」の衰えはいかんともしがたいものです。 しかし、「腎」を補えれば、この曲線をなだらかにすることは十分に可能です。その「補腎(ほじん)」の働きを持つお薬の代表格がロクジョウ(鹿茸)です。

◎「薬」の代名詞 高貴薬〈鹿茸〉

5月5日の端午の節句には「菖蒲湯(しょうぶゆ)」に入る習慣がありますが、そもそもこの日は「薬の日」でもあり、その起源は奈良時代まで遡ります。当時「薬猟(くすりがり)」という行事があって、天皇や貴族など身分の高い人々は一団となって薬狩りに出かけました。その期日が例年5月5日であり、 そこで採られた「薬」というのが”生命力”みなぎる鹿の幼角、すなわち鹿茸だったのです。日本でも「薬」といえばロクジョウ(鹿茸)を指していたように、中国でも薬屋といえばニンジン(人参)とロクジョウ(鹿茸)の品揃えが必須でした。 ですから、看板も「薬局」とか「薬店」とは書かず、単に「人参鹿茸荘」と掲げていた店が多かったといいます。 現在でも香港や台湾では「人参鹿茸荘」と記した漢方薬店を多く見ることができます。


◎生命力の源たる〈鹿茸〉の薬能

 李時珍(りちじん)という生薬学者が著した「本草綱目(ほんぞうこうもく)」の中でロクジョウ(鹿茸)は、「精を生じ、髄を補い、血を養い、陽を益し、筋を強くし、骨を健やかにし、 一切の虚損(きょそん)、耳聾(じろう)、目暗(めいあん)、眩暈(げんうん)、虚痢(きょり)を治す。」と記されています。これは「生命力を増し、骨髄や血の元となり、元気をつけ、筋肉を強くし、骨を堅く丈夫にし、体力の消耗によるあらゆる病、難聴、目のくらみ、めまい、 下痢や腸の疾病を治す。」という意味です。つまり、鹿茸こそは、両親から授かり、持って生まれてきた”生命力”をフルに発揮させるための生薬。腎の中にあり、人生に”バイタリティ”をもたらす「命門の火」を
長く燃やしつづける燃料ともいうべきお薬なのです。

◎現代人の必需品 健康を叶える生薬〈鹿茸〉

 戦後間もない頃の日本人の平均寿命は、約50歳。ところがいまでは約80歳にも達して、わずか数十年の間に日本は世界に名だたる長寿国になりました。冒頭でライフサイクルと「腎」の盛衰曲線を示しましたが、寿命が急伸した現在では50代や60代で「老年期」に 突入してしまうわけにはいきません。「腎」の高揚期を少しでも長く引き延ばし、”元気”に活躍しなくては 生きている意味が半減してしまうからです。生命活動の基本である「腎」が不足すると、全身の疲労倦怠感や冷え、脱毛や目のかすみ、夜間頻尿につながります。また、子どもには発育不良や夜尿症があらわれます。そうならないように、「腎」を高いレベルで維持することこそ”元気”の秘訣です。天皇をはじめ高貴な人が「薬猟」に出向き、こぞって求めたといわれるロクジョウ(鹿茸)は、 まさに「健康」を叶えるためのお薬といえます。

このような方にお勧めです
●顔が青白い方。
●手足や腰が冷える方。
●寒いと体調が悪くなる方。
●寒がりで風邪を引きやすい方。
●虚弱体質で疲れやい方。
●腎機能低下による頻尿やおしっこの出にくい方。
●精力が減退ぎみの方。

◎救心の伝統生薬研究会製品「霊鹿参」

 運龍堂でご紹介する鹿茸含有製剤、「霊鹿参」は、生薬研究の集大成である伝承生薬研究会製品です。自信をもって、皆様にお勧め致します。
(伝統生薬研究会とは、日本で伝統的に使われてきた生薬の中でも、特に安全性と有効性が高いといわれる生薬を選び、定期的に勉強会、研究会、セミナー等を開催し、現代人の疾病予防や改善と日本の伝統医学の普及発展のために活動をしている薬局・薬店で組織する会です。)

第3類医薬品 「霊鹿参(れいおうさん)」
鹿茸含有強壮剤

84包 17,325円(税込)
168包 31,290円(税込)

杜の都の漢方薬局 運龍堂のブログ

「霊鹿参」のご購入を希望される方は、
下記のお問い合わせフォームにお客様情報を入力の上、
「お問い合わせ内容」の欄に、「霊鹿参」
とご記載下さい。

お問い合わせフォームはこちら
http://www.unryudo.com/ask.php

または、お電話にてお問い合わせください。
022-397-7538

専門の薬剤師がご相談に乗ります。
また症状による最適な服用方法をご提案致します。