常に外気と接している「肺」は秋にトラブルを起こしやすく、鼻水・鼻炎・喘息・気管支炎・喉の炎症・咳や痰など肺関連の症状をはじめ、アレルギーなどの症状も起こりやすくなります。

意外と思われるかもしれませんが漢方では呼吸器だけでなく皮膚なども「肺」の領域ととらえており、アトピーやカサカサ肌などの肌トラブルも肺の不調と考えます。

では乾燥が強まる秋にやるべきことは何か。

それは身体に不足している潤いを補うことです。

詳しくはこちら