弟切草は「小連翹(ショウレンギョウ)」という生薬名ですが、漢方処方ではあまり用いられず、主に民間薬として使われてきました。煎じ液は止血、月経不順、鎮痛の目的で飲まれ、入浴剤としてはリウマチ、神経痛、痛風の鎮痛に用いられています。

詳しくはこちら