杜の都の漢方薬局 運龍堂

運龍源

漢方の熱流の視点から体内の【巡り】を考えた健康食品です。

10834107_761753863874232_1182952767_n.jpg

こんな方におすすめです。 

  1. タバコをよく吸う方
  2. 外食の多い方
  3. お酒をよく飲む方
  4. 高血圧のある方
  5. 肥満気味の方
  6. 生活習慣の家系の方

leaflet_00.jpg

最も怖い循環系を考えた「運龍源」の4つの素材

素材1:エイセニア・フェティダ

noname-8.jpg
エイセニア・フェティダは、シマミミズの一種を改良したもので、日本で生み出されました。
巡りを正常に保つ働きをサポートし、漢方では高く信頼されています。
臨床試験においても、安全であることが確認されています。



素材2:三七人参(さんしちにんじん)

noname-10.jpg
三七人参は別名、田七(でんしち)人参と呼ばれています。
原産地は中国の雲南省。日本では栽培されておらず、収穫までに3年から7年もかかる貴重な素材です。
朝鮮人参の系統で、栄養価が非常に高く、サポニンは朝鮮人参の10倍以上含まれています。
エイセニア・フェティダと同様に、日本においては健康食品として扱われていますが、漢方では巡りのための素材として用いられています。 循環器が気になる方にはおすすめです。

素材3:フランスカイガンショウ

noname-14.jpg
日本では樹皮の抽出物が「ピクノジェノール」という名前で知られており、高い抗酸化作用で知られている素材です。
老化の原因とされている体の酸化。カラダのさびとも表現されているこの酸化に対しておすすめの成分です。
ヨーロッパでは、1960年代から健康目的の素材としてよく使われており、フランスカイガンショウに含まれるフラボノイドは、血管のしなやかさをサポートする働きも確認されており、循環系の【巡り】で悩む方にはおすすめの成分。 また、糖が気になる方にもおすすめです。

素材4:γ-アミノ酪酸

noname-9.jpg
別名ギャバ(GABA)で知られているアミノ酸の一種。
γ-アミノ酪酸は、私たちの脳や脊髄に存在し、神経伝達物質として思考力を保つ上で欠かせない重要な役割を果たしていますが、加齢にともない体内での合成量が減少することが知られています。
漢方では、【巡り力】として用いられていますが、抑制性の神経伝達物質として、リラックス効果・ストレス緩和などにも働きます。
ストレスが気になる方、生活習慣病を気づかう方、冴えた日常・穏やかな毎日のためにおすすめの成分です。

漢方の視点から考えたこの【4つの巡り力】で、循環系の健康を維持して充実した毎日を過ごしませんか。